EPF           − 小・中口径本管と取付管接合部 −

EPF型は、本管と取付管の接続部を保護、補強して完全止水するために開発された補修技術です。本管と取付管を一体補修するため、抜群の耐久性を発揮し、取付管のズレやクラックも強固に補修します。薄肉高強度のEPF型は、本管更生後の接合部仕上げにも適用可能です。






対象管径:φ150〜φ600(本管)
     φ100〜φ200(取付管)

 補修長:0.4m(本管)
     0.1m〜0.2m(取付管)



管内洗浄
管内を高圧洗浄車で洗浄します。

⇒管内調査
TVカメラで補修箇所を確認し、施工前状況を記録します。

⇒樹脂計量
規定の樹脂量を計量します。

⇒樹脂含浸
樹脂を強化材に塗布し、含浸ローラーで含浸します。含浸後は脱泡ローラーでガラス繊維内の空気を抜きます。

⇒ライニング材巻付け
ライニング材をホイルチューブに巻付けます。

⇒ホイルチューブ管内搬入
ホイルチューブを管きょ内に搬入します。搬入は事前に通線したワイヤーで引き込みます。

⇒エアー充填
ホイルチューブを施工位置にセットし、規定の圧力まで段階的にエアーを昇圧します。

⇒養生
規定時間養生します。

硬化完了
硬化完了後、ホイルチューブを撤去します。TVカメラで補修箇所を確認し、施工後の状況を記録します。

施工前

施工後